AGAについて

現在の薄毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものらしい。

AGAは男性ホルモンが原因の薄毛で、AGAの遺伝子を持つか持たないかで発症する確率が変わってくる。主な症状は、前頭部、M字部分の薄毛、頭頂部の薄毛など。早い人では10代の後半から発症。

20代、30代、40代と加齢と共にその確率は大幅にアップしてくる。

治療によって完治することは難しく、進行を遅延させることが主な治療方法となっている。

治療は病院で行うことが出来、総合病院の皮膚科などでも治療できるところは増えている。

頭髪専門外来を設けている病院も増えており、治療方法が曖昧だった薄毛にも、病院で治療するという明確な治療の形が形成されつつある。

そのきっかけとなったのは、日本で初めて認可されたAGA治療薬のプロペシアの影響だろう。

正月等もテレビで爆笑問題がCMしていた万有製薬から発売されたフィナステリド含有薬である。

フィナステリドは、AGAの原因とされる、ジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあるとされ、AGAの進行を食い止め、人によっては眠っている細胞から新たな発毛を促す効果もあるのだ。

フィナステリド服用による治療プラス、世間でよく言われている、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事といった生活環境を変えることによる対策をしていくのが今の薄毛治療のスタイル。

AGAだった場合、健康的な生活を続けているだけでは残念ながら薄毛は解消できないようだ。

自分がAGAかどうかを見極める方法。

確実なのは、病院や検査キットを使用してAGA遺伝子検査を受けることだが、そうしなくても簡単にめぼしをつける方法がある。

・抜け毛が多く、その抜け毛のうち三割ほどが、成長しきっていないミニチュアな毛髪である。

・親族に薄毛がいる

この2つが当てはまっていたら、AGAの可能性大。

しかも、抜け毛のミニチュア化が始まっていたら、AGAが進行しているとみて間違いない。

手遅れにならないうちに医師の診断を受けるようにしよう。

頭髪専門病院のほとんどで無料カウンセリングを行っている。

AGAは早めの対策が効果的。

男性の親族全員が薄毛の俺は間違いなくAGAの血を色濃く受け継いでいると思われる…。

女性の薄毛対策

何故かわからないけど、職場のおばちゃんから薄毛の相談を受けた。

なぜ俺に?

業務内容しか話したことがない程度の間柄のおばちゃんなのに…。

薄毛の相談をなぜ俺に?

俺的にはまだ見た目的には薄毛の部類には属さないという自負があったのに…。

薄毛臭をかもし出してしまっているのかもしれない。

もしくは薄毛は薄毛を見抜く力があるという噂を聞いたことがあるから、薄毛のおばちゃんが本能的に俺を仲間だと判断したのだろうか。

しかも、相談してくるってことは先輩的なポジションというわけだ。

何だか切ない。

おばちゃんは人気のない場所で真剣に悩みを相談してきた。

おばちゃんは50代前半。

最近薄毛に悩んでいるらしい。

男のように、前からとかてっぺんからというハゲ方ではなく、全体的に密度が薄くなっているようだ。

男の薄毛のこともまだまだ勉強中の身。

女性の薄毛や薄毛対策のことなんて全然わからない。

だけど、なぜかそこは頑張っちゃって、知ったかして家で色々調べて、後日おばちゃんに教えてあげたりしちゃったのだ

女性の薄毛は男性とは原因が異なる。

AGA的な遺伝的な要素よりも後天的な要素の方が強い。

ストレスだったり、女性ホルモンのバランスだったり。

産後や閉経後もホルモンのバランスが乱れるので薄毛になりやすいようだ。

栄養を与えたり、病院で治療を受けて育毛剤を塗布したりすることでかなりの確率で回復するようだ。

おばちゃんの薄毛は頭部全体の毛髪の密度が薄くなる瀰漫(びまん)性脱毛症という症状が近いように感じた。

中年以降の女性によく見られ、主な原因は老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアなどらしい。

多分間違いないんじゃん。

病院に行くのが一番らしいけど、その前に自分で出来る対策方法をやってから行ってもいいんじゃんって言っといた。

食生活の見直し、生活習慣の改善、育毛剤の塗布。

これだけでも頭皮環境はかなりよくなり、解消される可能性があるようだ。

進行を遅延させることしか出来ない男のAGA(男性型脱毛症)と違って、色々対策方法がある上に、希望もあるようなので女性の薄毛はうらやましい気もする。

おばちゃんに女性の薄毛対策を教えてあげたことで、俺の噂は他のおばちゃん達にも広まったようで、薄毛のことならあいつに聞け!的な奴にされている。

知りませんで終わらせればよかったのに…。

頑張った自分が憎い…。