■普通列車用の整列位置も新設

 都市部のターミナル駅では一般的に行われている「整列乗車」。駅によっては、先発列車と次発列車、急行と各駅停車など、列車によって並ぶ位置を分けていることも多い。慣れない駅でいくつもの整列位置がホーム上に描かれているのを見て、どこに並べばいいのかと迷ったことがある人もいるだろう。

いかに日本人がしっかりと並んでいたことがわかるあのホームの狭さと、JR乗換改札の混雑は、、、、限界!4色かぁ…2020年には黄色も加えてよ
足元に表示すると列が長くなったら見えなくなるし、だんだん薄くなったり剥がれてきて使い物にならなくなりそう「客もプロ」と言われる京急なら問題ないだろ。名鉄名古屋駅も行き先・種別ごとに乗車位置を分けている、こちらは電車もそれに合わせて停車位置をずらしているけど。
何となく分かって並んでいたのが、いきなり窮屈になった京急プロフェッショナル達が利用する路線だから、都営線からの列と品川・泉岳寺始発の列の区別なんて朝飯前だろうね。普通もダルマかダルマ以外かちゃんと分かってると思うよ…。
女性の「めっちゃ」多用は気持ち悪いな。あと男女問わず「ヤバい」も
日中パターンに限って申せば、・毎時07、27、47分発は、都営線からの横浜方面ゆき(赤の乗車位置)・毎時17、37、57分発は、泉岳寺始発の横浜方面ゆき(緑の乗車位置、ほとんどが2ドア)…と覚えときましょう。最近日本人でも整列出来ない(しない)人が増えてきており、整列乗車も過去の話となりつつあります。まるでどっかの国の人達と変わらなくなってきていて情けないですね。