「なぜ、うまく説明できないのか?」

新製品の提案、会議のまとめ、部下の指導……ビジネスの現場は、毎日のように誰かに何かを「説明」する場面であふれています。そんなとき、思うように言いたいことが伝わらず、「で、結局どういうこと?」と聞き返されたり、仕事が滞ったりしてしまう――そんな苦い経験をしたことはありませんか?  『「いまの説明、わかりやすいね!

まずこの筆者の説明が下手。『車の機能といえば何を思いつきますか?』この質問の仕方じゃダメ。車業界の人間でも金太郎飴のように走る、曲がる、止まる、って答えは出てこないよ。『車で重要な機能といえば何ですか?』こう質問すれば車業界の人間だと『走る、曲がる、止まる、です』と答えます。ちなみに自分、車業界の人間です。身近にいる該当者……主語がなくスタートあげく………アレ・ソレ・コレ………疲れんだよ………┐(‘~`;)┌相手が分かる例え話でないとね。
『説明が下手な人にありがちな残念な伝え方』の説明が下手すぎて全然伝わらん。俺も説明下手だから、いつも拒否してるよ、おかげで管理職にはなれないけどね「『クルマの機能』といえば、何を思いつきますか?」人を乗せて走ること。これは車業界ではない私が深く考えずに出した答え
これを書いた人が説明が下手なのはわかったそして説明が下手でも記者として仕事があるのもわかった「説明が下手な人」の説明が下手。
説明する側は「1回の説明で分かってもらおう」とするから無理があるのでは。他人同士なんだから、「通じなくて当たり前、通じればラッキー」くらいに思っとけばいいんじゃないの?モチロン、聞く側は質問するときに分かろうとする姿勢を見せるのが大事ですよね。