でも来年にはまた咲くっていうから、散ってもまた咲くから」と現役続行をあらためて強調した。

 女子テニスの伊達公子が1日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」にVTR出演。スポーツキャスターで元テニスプレーヤーの松岡修造と、気心が知れ合う仲ならではの話を展開し、「まだ散りたくない」などと現役へのこだわりを見せた。

かっこいいわぁ~!!花は散るから美しいすごい根性。松岡修造より圧倒的にアツい。続ける権利がある以上辞める理由は無いね。年齢制限がないんだもん。
テニスは個人戦だからいつまでやっても良いけどね。キングカズの例もあるし。伊達公子、カズ、イチローが日本の三大レジェンドだと思う。常人には理解出来ないステージにいる。
今更言ってもしゃあないが、こんなことだったら90年代の絶頂期にラケットを置いたのが返す返すも惜しいよな。年齢的にはベテランになろうとしていた頃だが、全英は雨で順延の不運がなければグラフに勝ってファイナリストだった可能性が高いし、フェド杯では実際その女王を撃破したし、進化の途上だった。本人が燃え尽きた感を得られないのは、その時の消化不良が影響している気がしてならない。未だに、女子では伊達さんを超える人が出てないんだから、凄いよ頑張っても頑張っても年齢には勝てない。でも根性は男子選手より有りそうだ。珍しく修造が冷静だ!
伊達は口が達者で修造を圧倒してたな。修造がこんなに自分のペースに引き込めないのは初めて見たよ。修造じゃなきゃ失礼にあたる質問ばっかりだったなぁ。伊達公子も修造だからあんな風に回答できたんだろうなぁ。かなり見入ってしまった。