先生との相性は子どもの一年を左右することも。

4月は新学期が始まるシーズン。新入学やクラス替えで、お子さまの担任の先生が変わる場合も多いでしょう。先生との相性は子どもの一年を左右することも。子どもとの相性がよくない先生だったとき、保護者はどうすればいいのでしょうか?

子どもは先生を選べないっしょ!
たまに本当に理不尽で頭のおかしい先生もいるけどね。いじめを制止する筈の教師が、生徒と一緒になっていじめをしたりとか。そうではなくただ単に相性が合わないだけなら「人間は十人十色。生きてりゃ相性が合わない人に当たる事なんてザラだよ」とウチでは教えてます。旧担任や他のクラスの知っている先生など、兎に角、自分の味方になる先生を作っておくことです。
そもそも、子どもと相性が合わない先生だったとき、っていう発想がわからない。子どもじゃなくて、親、でしょ?あなたが、担任と合わないと勝手に決めてるんでしょう。子どもは、”あー、私は担任と相性が合わないわ”なんて言わない。先生とも、友だちとも、時間をかけて馴染んでいく。親が変な先入観を植え付けて、子どもを学校嫌いにさせないで欲しい。サッと結婚してサクッと離婚する人ってこのタイプ。
自分と合わない上司だった…どうすればいい?自分と合わない社長だった…どうすればいい?自分と合わない会社だった…どうすればいい?そんな時は”弁護士ドットコム”にご相談下さい。by 弁護士ドットコム
友達の子どもが目のあたりを切ってたので、どうしたのか尋ねたら先生がノートをほり投げて配ってたら誤って目に当たったらしい。謝罪の電話があったらしいがそもそもなぜ投げて配るんだろう…たずねていいのか困惑したらしい…