政府は、社会保障制度に絡む定義見直しは慎重に対応する、と主張しているものの、超高齢化が急速に進む中、懸念は消えていない。

 日本老年学会と日本老年医学会が2017年1月、高齢者の定義について、従来の「65歳以上」ではなく、「75歳以上」に引き上げるよう提言したのに対し、社会保障の切り捨てにつながらないか危惧する声が広がっている。

50超えたあたりから、個人差が大きくなるからね。お気楽な役人仕事は70歳でも出来るし給料も高そうだ。民間はエリートさん以外は、悲惨としか言いようがないだろうね。
74まで働かなきゃ行けないとなったら会社までの車通勤で事故って死にそう。あちこちで高齢労働者の車事故が起きるんじゃない?昔に比べ若返っているってことですが、60~70代の自動車の事故率が高いことは、どうするのですか?65歳過ぎたら働きたくないわ
現実問題、75歳の老人が出来る仕事があるのか?ということでしょう。車の運転も出来ず、記憶力も低下し、物覚えが悪い老人を雇う企業がありますか?ボランティアですか?ほんと、現実を考えない机上の空論です。(笑)そもそもそんな歳でも普通に働けるなら、高齢者の交通事故もこんなに起きないでしょ?年金を支払いたくないから、取ってつけたような結果ありきの議論は不要です。いつまで搾取するだけしか考えない政治家を選び続けるのかだと思います。働き手が少なくなるのはわかるけど需要も少なくなるから高齢者の労働はいらないと思う。結局、年金支給年齢引き上げし、あわよくば支給しなくていいようにするんでしょう。魂胆見え見え。