「僕はまだ3勝です。

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>勝利を決めて会心のガッツポーズ!!「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」で、ウェブ・シンプソン(米国)との4ホールに及ぶプレーオフを制して、今季2勝目を挙げた松山英樹。

年間5勝は普通に可能。その中にメジャーがひとつ以上入ってても不思議じゃない。
松山の勝負強さには恐れ入りました。シンプソンの方が明らかに調子が良かったが松山の気迫にはビビッていたような気がする。結局松山がワンチャンスを生か切って勝ちをつかんだ。今年の メジャー大会が楽しみです!松山おめでとう!見ているこっちまで凄く嬉しくなってしまった。とは言え、もっと大きく取り上げられてもいいと思うのだが…
この人の場合、別にアジア圏の記録を気にしてプレーしていないと思う。素人目に見ても8勝とかそんな小さな数字で終わるプレーヤーで無いのは分かる。その他にもツアー外で勝ってるし、非現実的に思えなくなってきた。それにしてもタイガーとかミケルソンとか、何十勝もする人はとんでもないな。2位も2回あるから5勝は無理ではないでしょ。
ドライバー飛距離伸びてません?18番、357yって凄くないですか?飛んで曲がらなくて、今日みたいなショットならパター次第で何時でも上位争いできそうですし、今年は後2つ,3つ勝つのでは。もちろん、ひそかに「思うところ」はあるでしょう。でも、そんなことを軽々しく口にしないのが松山。年間5勝は十分に現実的な数字だと思うけどね。